サプリメントからのコラーゲン摂取

コラーゲン注射

コラーゲン注射はお肌に直接コラーゲンを注入して、シワやたるみをとるものです。その手軽さと即効性から、アメリカなどでは広く行われている美容法とされています。日本ではプチ整形の一種とみなされることが多く、あまり広く行われてはいないようです。

顔のしわの悩みで多いのは目じりやほうれい線、鼻唇溝という鼻から口にかけての筋です。これらの部分に直接コラーゲンを注入することによって、目立たなくするという効果があります。

効果はすぐ出ますが、それがどのくらい持続するかは注射の種類やしわの程度によってさまざまです。注入したコラーゲンは自然と体内に吸収されてしまいますので、効果を持続するためには、定期的・継続的にコラーゲン注射を行う必要があります。

またアレルギーを引き起こす危険性もあるのでコラーゲン注射を行う前にテストをする必要があります。テストの結果が大丈夫であったとしても注射をした部位が赤くなったりかゆくなったり、皮膚の色が変わったりする場合があるので、注意が必要です。

従来のコラーゲン注射は、原料に牛や豚のコラーゲンを使用していました。しかし狂牛病の発生、アレルギー発症の危険性という問題により、ヒト由来のたんぱく質を使ったコラーゲンが新たに開発され、使われるようになってきています。こうしたヒトの細胞を培養・分離精製したコラーゲンはヒューマンコラーゲンと呼ばれ、アレルギーテストの必要がないものもあります。