サプリメントからのコラーゲン摂取

サプリメントとは

サプリメントは本来の名称であるダイエタリー・サプリメントを訳したもの、一般にはサプリという省略した形で呼ばれるもので、栄養補助食品・健康補助食品のことです。アメリカでは食品の区分の1つですが、日本では1990年頃から健康意識の高まりやテレビでの紹介などにより広く認識されるようになりました。国政としても医療費高騰の対策に予防医学が推進され法整備や規制緩和が行われ、健康維持の意識を高める目的で推進され、このため現在では一大市場に成長しています。

日本でサプリメントが普及した背景の一つに、食生活の欧米化があげられます。欧米から入ってきたハンバーガーやフライドポテトなどのファーストフード、スナック菓子は全体的に高カロリーでミネラル分を含まない食品ばかりです。このような食品を多く摂りすぎるとカロリー代謝が上手くできないようになり、肥満や生活習慣病を引き起こします。

またコンビニエンスストアの広まりによっても、カップラーメンなどを手軽に取ったり、夜中でも簡単に食事が取れたりするため、カロリー過多になってしまいがちになったといわれています。

化学肥料の過剰な使用や見た目を浴するための品種改良によって、野菜や果物の持つ本来の栄養が少なくなっていることも、サプリメントが広まった要因です。栄養素を保つことよりも経済性を優先させる傾向は、本当ならば食事から取ることができるはずの栄養をサプリメントに頼らなければならない現状を生み出しています。