コラーゲンが摂取できる食品

牛すじ

牛すじは牛のアキレス腱部分、または腱のついた肉をさします。以前は牛すじの入ったおでんは関西地方のみのものでしたが、コンビニエンスストアや大手スーパーマーケットの全国展開により関西地方以外の地域でも一般的になりました。

牛すじといえば煮込みが定番の料理ですが、発祥は神戸市長田で、在日の韓国人が考え出したと言われています。もともとの味付けは甘辛く、流行りの韓流を思い起こさせる味と言われます。また関西ではお好み焼きのトッピングとしてもこの煮込みが多く使われ、とてもなじみの深い食べ物となっています。

関西ではどて焼きも有名な牛すじ料理です。どて焼きは牛すじを味噌やみりんで煮込んだもので、串カツとともに大阪・新世界の名物として知られています。中京地方にもどて煮やどてと呼ばれる料理があります。こちらは牛すじ以外にも豚の内臓を使ったもので、八丁味噌などの豆味噌で煮ます。名古屋では家庭料理として位置づけられ、居酒屋や食堂などの定番料理になっています。

牛すじには独特のくさみがあり、肉質も硬いことから、需要のあまりない部位です。店頭に並ぶこともあまりなく、そのため価格も高めと言われていましたが、今はそんなことはないようです。家庭で調理されることの少ない食材ですが、長時間煮込むことで、驚くほど軟らかい牛肉に変化します。脂分が多い部分でもあるので、浮いてきたらていねいに取り除くことが調理のポイントになります。一度冷まして脂分を固まらせると、キレイに取ることができます。