人間の体とコラーゲン

美容におけるコラーゲンの役割

年齢とともに髪の量が減ったり、細くなったりすることがあります。毛先のパサつき、枝毛、切れ毛などがあらわれることもあります。髪と同じような症状は爪にもあらわれ、硬く乾燥した状態になったり、縦にシワができたりするようになります。

髪や爪は頭皮や指の先の皮膚の角質が変化してできたものです。髪や爪はすでに死んでいる細胞と考えがちですが、それらを作りだす器官は当然生きています。頭皮やお肌の質を上げることによって、髪や爪を美しく保つことができます。

また女性特有の美しさには、女性ホルモンが大きく関係してきます。ホルモンは私たちのからだのなかで作られる化学物質で、血液を通ってからだの各器官に作用し、正常に働くように促します。女性ホルモンや男性ホルモンはよく耳にしますが、眠りに関わるホルモンや新陳代謝を調節するホルモンなど、さまざまな働きをするホルモンがあります。

女性ホルモンは女性のからだをより女らしく、お肌を女性特有の透き通った美しいものにする働きを持っています。髪と男性ホルモンとの関係はよく耳にしますが、女性ホルモンも髪に大きく影響します。女性ホルモンのバランスが崩れると、血行が悪くなり、髪にダメージを与えます。遺伝的な要素やストレスにも影響されますが、白髪の原因の一つとも考えられています。

女性ホルモンの分泌は20~30歳代がピークで、あとは減少していきます。さらに40歳代後半から始まるといわれている更年期に入ると、激減してしまいます。コラーゲンは女性ホルモンにも働きかけ、その量を増やす効果があるとされています。