美肌のためにはコラーゲンが必要不可欠なもの、というのは、ほとんどの女性が認識していると思います。

でも、コラーゲンっていったい何よ、というのは、あまりよく知っていないかも。

必要なものなら、どうして必要なのか、どのくらい必要なのかを知っておきたいですよね。

「コラーゲンは肌に必要。でもどうして?」

コラーゲンは、身体の中にあって細胞と細胞を繋ぐ役割を果たしています。

その主成分はタンパク質。私たちの身体の中に存在しているタンパク質の、約30%はコラーゲンで出来ている、といわれています。

ヒトの身体には約60兆の細胞があり、髪、爪、皮膚、血管、内臓、骨とすべてが細胞同士のつながりで作られています。

そう聞くと、コラーゲンの役割がどれだけ重要か、分かりますね。

 

血管では、そのしなやかさを保ったり、臓器を円滑に働かせたり。関節ではクッションのような働きをしたりと、コラーゲンの仕事は多岐にわたっています。

中でも私たちにとって重要なのは、皮膚での働き。コラーゲンが不足すると、ハリもツヤもない肌になってしまいますからね。

皮膚は、表皮と真皮から成り立っています。表皮の構造は、外側にある角質層と、内側にあって新しい細胞を作り出している基底層から成り立っています。

この基底層を支えているのが、真皮です。

真皮の70%はコラーゲンが占めており、真皮の中に網目状の繊維で作られたネットを張り、肌の弾力を保っています。

基底層にもコラーゲンは存在し、真皮からの栄養を、表皮に送ってもいます。

かなり働き者であることがわかりますよね。

皮膚のハリと弾力に重要な働きをしているコラーゲンですが、加齢とともに減少していくことが分かっています。

コラーゲンは、体内で常に作られ続けているのですが、その生産能力は年齢と共に衰えるんですね。

一般に、40歳のコラーゲン新陳代謝速度は、10代後半の頃と比べると、約半分以下になるといわれています。

 

「コラーゲンが不足すると、どうなるの」

美肌作用のあるコラーゲンが不足すると、どうなるでしょう。

細胞同士を繋いでいるコラーゲンが不足すると、結びつきが弱まった細胞は弾力を失います。するとたるみやシワが現れてしまうというわけです。

真皮から表皮への栄養の受け渡しもスムーズに行かなくなり、肌のターンオーバーが乱れ、シミやくすみが出来やすくなります。

 

ところで、体内に存在するコラーゲン自体も、老化するんですね。そうなると、水分が少なくなり、肌は固くなります。

古いコラーゲンが分解されず、体内にとどまっていることも、肌のトラブルの原因になります。

分解された細胞は、コラーゲンを通過して血管に運ばれ、体外に排出されるのですが、コラーゲン自体が古く固まっていると、老廃物は排出されなくなり、細胞内にとどまります。

ここから、また肌のトラブルが起きてしまうんですね。

 

そんなことにならないように、新鮮なコラーゲンを補う必要があるわけですが、具体的にはどうしたらいいでしょうか。

まずは第一に、食事で補います。

鍋に投入するだけのコラーゲン玉なども販売されていますし、コラーゲンが豊富なフカヒレ、手羽先、牛すじなどを使った食事を摂ること。

コラーゲンドリンクやグミなどを利用するという手もあります。

もちろん、サプリメントでもいいですよね。

食事やサプリメントで補う時の注意点としては、ビタミンCを一緒に摂取することです。

ビタミンCは、体内で代謝に関与していますが、コラーゲンの生成と保持にも、重要な役割を担っています。

ビタミンCがないと、コラーゲンは生成されないんですね。そのため、コラーゲン配合のサプリメントには、ビタミンCも配合されたものが多いんですが、中には不足しているものもあります。

そこに注意して選びたいものです。

もうひとつ、コラーゲンを補う方法としては、注射があります。

美容外科クリニックなどで受けられます。即効性があり、痛みも少ないので、利用している人も多いようですね。

主に眉間や目尻、額の表情ジワ・ほうれい線や口角シワ・たるみに効果的とされています。

顔全体のリフトアップでなく、比較的皮膚が薄いパーツごとの対策に適しているようです。

注意点としては、コラーゲンは元々体内に存在するものなので、駐車しても時間の経過とともに吸収されてしまうということです。

個人差はありますが、持続期間は約3か月から6か月ほどとされています。

方法はさまざまありますが、幸せに見える美肌のために、意識して補給したいですね。

「そもそもコラーゲンって何なの?」

美容ドリンクやサプリ、化粧品などに「コラーゲン配合」という文字をよく見ます。

美肌のためにコラーゲンがとても良い働きをするのは、よく知られていること。でも、コラーゲンっていったい何なのか、知っている人は意外と少ないです。

コラーゲンはタンパク質の一種。三重らせん構造という、3本の鎖がくるくると螺旋状に巻きついた形をしています。

1本の鎖は、アミノ酸が1000個ほど繋がって出来ていて、さらに三重のらせんによって橋をかけたように繋がり、強度を高めています。

 

人間の体の構成は、水分が60~70%、タンパク質15~20%、脂肪13~20%、ミネラル5~6%、糖質1%。水分を除けば、タンパク質の占める割合が少なくありません。

この大事なタンパク質の30%を占めているのが、コラーゲンです。

身体の構成要素としても大切なコラーゲン。どこに多く含まれているかというと、皮膚なんですね。人体に存在するコラーゲンの、40%は皮膚に使われています。

軟骨や骨、血管にも含まれていますし、内臓にも存在しますが、多くは皮膚の構成要素。肌のためにコラーゲンが大切、というのも、わかると思います。

 

「コラーゲンは身体の中で何をしているのか」

身体の構成要素として重要なコラーゲン。では具体的にはどんな働きをしているのでしょう。

コラーゲンは体の各部位で、接着剤のような働きを担っています。

まずは皮膚の中。コラーゲンは真皮に存在し、枠組みを作っています。その中に、ヒアルロン酸やエラスチンといった成分が含まれています。

これらは皮膚を健康で綺麗に保つため、不可欠な成分。それらをコラーゲンの枠組みが支えることで、皮膚の弾力と柔軟性が保たれます。

骨に存在するコラーゲンは、建築物でいえば鉄骨のような役割を担っています。

鉄骨であるコラーゲンで枠組みをつくり、その周りにカルシウムが土壁のように張り付いています。

枠がなければカルシウムは定着せず、骨は頑丈になりません。

 

また、軟骨にはⅡ型コラーゲンという、特に弾力性に優れたコラーゲンが存在しています。

ここでもコラーゲンは枠組みを作り、ヒアルロン酸やグルコサミンをとらえています。それらが存在することで、クッションのような働きをし、関節にかかる力を吸収します。

血管にはⅢ型コラーゲンという物質が存在し、血管組織の弾力や柔軟性を高めています。また、保湿性も高めるため、コラーゲンが少なくなると、血管が固くなります。

老化現象により、血管が硬くなるのは、コラーゲンの減少に伴うものとも考えられています。

皮膚が火傷や切り傷など外傷を負った場合にも、コラーゲンは働きます。

簡単にいえば、コラーゲンの主な働きは身体の細胞同士をつなげておくこと、ということですね。でも、とても重要な働きを担っていることは、わかります。

コラーゲンが体内に豊富に存在すれば、骨や血管、皮膚に存在する他の組織も、正常に働くというわけですね。

 

「どんなコラーゲンを摂取したら効果的か」

では、もう一歩踏み込んで、どんなコラーゲンを摂取したらより良いのかを考えてみたいと思います。

どうせなら、効果的に働いてくれるコラーゲンを摂りたいですからね。

 

よく耳にするのが、「低分子コラーゲン」がいい、という話です。

低分子コラーゲンは文字通り、コラーゲンを細かく分解して、吸収しやすくしたものです。

高分子コラーゲンや生コラーゲンは消化器官で消化され、低分子化された後に腸から吸収されます。このため、吸収に時間がかかるとされています。

しかし、実は低分子コラーゲンは、人工的に粉砕・分解して作られるため、体の中に存在するコラーゲンとは異なるのです。

このため、すぐに効果は出るものの身体に定着せず、すぐに代謝されて排出されてしまう、と考えられています。

一方、高分子コラーゲンや生コラーゲンは、消化されて吸収された後には、体内に定着しやすくなります。

 

この特性を考えると、コラーゲンの効果を早く実感したい人は低分子を、着実に体内に定着させたい人は高分子コラーゲンや生コラーゲンを摂取すると良い、と考えられます。

たるみなど、肌に悩みを抱えている場合は、低分子と高分子の混合コラーゲンを摂取し、ある程度の変化を感じた時点で、高分子だけに切り替えていくと、体内に定着させることが出来ると思います。

このように、コラーゲンの特性を知り、うまく摂りいれることで、効率よく効果を感じられると思います。


[ホームページのご紹介]

アンチエイジング 若くあるために
お肌だけでなく体の中身も若々しくあるために必要な情報をまとめているサイトです。